ランサーズ等のサービスを開発・運用する中で得た知識やノウハウを紹介しています。

DevOpsの記事一覧

Labels:  DevOps 投稿者:hirano.tatsuya

RailsプロジェクトのDocker開発環境の改善に取り組んだこと

この記事はランサーズ Advent Calendar 2020  20日目の記事になります。 皆様こんにちは!開発部インターンの@44511336tatuyaです! 私は11月の頭から開発部のインターンとしてLancers Creativeという月額定額制のク …

Labels:  DevOps 投稿者:ota.yuki

GASとRoboticCrowd APIで業務効率化したお話

この記事は Lancers(ランサーズ) Advent Calendar 2020 3日目のエントリーです。 ランサーズ新卒エンジニアの太田有紀(@ifuriito09R)です。 今回の記事では、GASとRoboticCrowd APIを使って、業務を効率化し …

Labels:  DevOps, イベント/登壇 投稿者:ota.yuki

天下一キーボードわいわい会に参加しました!

ランサーズ Advent Calendar 2019 5日目の記事です。 みなさん、こんにちは。太田(OtaYuki)です。 今回の記事では、私が先日参加した「天下一キーボードわいわい会」での体験を書いていきたいと思います。 まず天下一キーボードわいわい会(以 …

Labels:  DevOps, イベント/登壇 投稿者:ota.yuki

CakeFest2019に参加しました!

みなさん、こんにちは。 ランサーズでエンジニアとして、インターンをしている太田(OtaYuki)です。 私の初めての投稿である今回の記事では、自分が参加したCakeFest 2019について書いていきたいと思います。 CakeFestは国際的なイベントで、実は …

Labels:  API Gateway, AWS, CloudFront, DevOps, Go, ImageMagick, Lambda, SRE 投稿者:kanazawa

API GatewayとLambdaとGolangで作るサムネイル生成システム

SREチームの金澤です。 ランサーズのサムネイル生成をAPI Gateway + Lambdaのシステムにリニューアルしました。 今回、その内容について書きたいと思います。 以前のサムネイル生成処理 今までのサムネイル生成処理は、Appサーバー内でImageM …

thumbnail

Labels:  DevOps 投稿者:ota

ランサーズのメッセージ機能のAPI設計

otaです。過去の執筆記事はこちら。 ランサーズのメッセージ機能のAPIを2019年5月にリニューアルしました。どのような設計にしたかについて書きます。APIを設計する際の参考になれば幸いです。 レスポンスについて HTTPステータスコードは成功時は200、失 …

Labels:  DevOps, インタビュー 投稿者:齊藤麻里奈

「天才じゃないからアウトプットを続ける」会社と自身の相互成長を加速させるSREとは

<プロフィール> SRE/採用広報 安達 涼/あだちん(あだち りょう)@adachin0817 大学時代に情報学/サーバに出会い、ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして数社携わる。2018年ランサーズにジョイン。現在はSREとして、ラ …

Labels:  BigQuery, DevOps, 分析基盤, 開発よもやま 投稿者:godgarden

ランサーズに出戻って1年。担当した開発プロジェクトを振り返る。

「ランサーズ Advent Calendar 2018 」23日目の記事です。 こんにちは ランサーズでEngineering Managerをしてます神庭(godgarden)です 残すところ, 今年も数営業日。1年の振り返りをしている方も多いと思います. …

thumbnail

Labels:  CRE, DevOps 投稿者:mako

CREチームの発足

  CREチームの保坂です。 Lancers(ランサーズ) Advent Calendar 2018 11日目の記事になります。 ランサーズでは今年からCREというチームを発足しました。 SREチームの発足については以前の記事で紹介されています。 C …

Labels:  DevOps 投稿者:satoshi

ハイパフォーマンスな開発合宿をする3つの秘訣

  おはこんにちばんは!ランサーズエンジニアの satoshi です。 今回は開発合宿のすすめ的記事を共有させていただきます。 はじめに ランサーズ開発チームでは年に一度、日頃の業務から身を置き、技術やサービスに向き合うために、都会の喧騒から離れ、自 …