ランサーズ等のサービスを開発・運用する中で得た知識やノウハウを紹介しています。

thumbnail

Labels:  CRE, DevOps 投稿者:mako

CREチームの発足

 

CREチームの保坂です。
Lancers(ランサーズ) Advent Calendar 2018 11日目の記事になります。

ランサーズでは今年からCREというチームを発足しました。
SREチームの発足については以前の記事で紹介されています。

CREはCustomer Reliability Engineeringの略でエンジニアリングで顧客信頼性向上させるチームとなります。

成り立ち


もともとは一人でお問い合わせの調査や改修対応をしていましたが、フォローのためメンバーが集結されCREチームとなりました。
さらにエンジニアだけでなく関わりとしてカスタマーサポート(CS)メンバーやデザイナーも協力いただき進められています。
最近ではインターン生も二人参加していただいています。

チーム体制になったことにより、それまで後回しになってしまっていた仕様や機能の改善も進められるようになりました。

CREチームの取り組み

開発以外にも、お問い合わせを受けてCSが回答困難なものに関して調査やデータ修正を行うことがあります。

調査としては関連処理のソースコードから仕様を把握し、関連データやサーバログからお客様の行動履歴と現状データから仕様通りの動きかどうかなど事実から判断してお問い合わせに回答できるようCSに返答を行います。
不具合やお客様による誤操作の場合は、該当処理から仕様と各テーブルデータの正しい値を理解し、検証を行った後に関連データの更新を行うこともあります。

調査や修正については回答のために暫定的な対応となってしまいますが、その調査をもとに既存の仕様や構造について理解することでお客様目線で考え改修するきっかけにもなります。

CSが使用する運用管理画面についても問題なく操作できるようパフォーマンスの改善やわかりやすくなるように改修を行い、必要であれば新規に機能開発も行います。
管理画面開発についてはこちらの記事で紹介されています。

お客様の視点を考えるため、ランサーズを使用している部署にヒアリングを行うこともあります。

お客様の信頼を高くするためにはお問い合わせが発生してからの対応ではなく、お問い合わせをしなくてもお客様が思い通りに利用できるプロダクトにすることが必要になります。
そのために、主に自ら発見した改善点やお問い合わせの原因となってしまっていた状況に対して改善できる解決案を出し開発を行っています。

まとめ


現実として今はまだ調査や修正の対応が多いですが、今後は自動化した管理ツールの開発など顧客体験の向上もできるよう新しいこともしていきたいと思っています。
そのためにサーバーサイド、フロントエンドかかわらず必要であれば新しい技術も取り入れて開発をしていきます。

ランサーズではサービスを成長させてくれるエンジニア、デザイナーを募集しています!
ご興味がある方は、以下URLよりご応募ください。


【中途採用】
フロントエンドエンジニア
サーバーサイドエンジニア
コーポレートエンジニア
SREエンジニア

【新卒採用・その他】
21・22新卒
その他採用情報

関連記事

thumbnail
pythonを使ってsocket.io-redisへイベントをemitする

pythonを使ってsocket.io-redisへイベントをemitする はじめに チャネル名 emitするデータの形式 Publish はじめに AJAX+ポーリングで実装していたチャットサーバなどを、後付けでwebsocketを使ってリアルタイム通信にし …

thumbnail
地獄めぐりをしたおはなし

初めまして! 16年新卒でキラキラReact女子目指して頑張っている takepo です。 普段は主にReact/Reduxを使ったフロントエンド開発を主に行っているのですが、 今回は、9月〜3ヶ月の期間に地獄めぐりをさせていただいたので そのお話しをさせてい …

thumbnail
データ調査を効率化!SQLとシェルを使って、データを自由に操作する方法

はじめまして。 4月からランサーズのエンジニアチームにジョインしました大平です。 好きな言語はPerl, ShellScript, JavaScriptです。 プロンプトはbashですが、個人的なShellScriptはzshです。 データ調査をしている時に、 …