【コネヒト×ランサーズ】コネヒトマルシェ「事業を支えるWeb開発」vol.2を開催しました。

【コネヒト×ランサーズ】コネヒトマルシェ「事業を支えるWeb開発」vol.2を開催しました。

新卒エンジニアの太田有紀(@ifuriito09R)です。
今回は、コネヒトさんとランサーズが「事業を支えるWeb開発」というテーマをもとに、勉強会を開催しました。

コネヒトさんには、CakePHPのOSSで合作があったり、ランサーズの新管理画面の実装でコネヒト社製のプラグインを活用させていただいていたりといろいろとお世話になっています。

技術スタックも近いので、とても有意義なLT会になりました。

それではイベントレポートを初めていきましょう!

コネヒトマルシェとは?

LTを勉強会のメインコンテンツとして、みんなが「知りたい」と思っている、普段の業務などで得た学びなどをみんなに「おすそ分け」するというコンテンツです。


 

タイムスケジュール

LT一覧

会社紹介タイム

コネヒト株式会社さんの紹介タイムです。

執行役員CTOの伊藤さんが紹介してくださいました。

「人の生活になくてはならないものをつくる」というビジョンのもと、ママの3人に1人が利用している「ママリ」というアプリケーションを運営しています。

ランサーズの社員のなかにも、お世話になっている方がたくさんいます。(ありがとうございます!!!)

ランサーズ株式会社の紹介タイムです。

開発部部長兼VPoEの倉林さんが紹介してくださいました。

「フリーランスプラットフォーム」のパイオニアとしてどのような取り組みをしているのか、従業員の働き方や会社の取り組みなどについて説明されていました。

「テクノロジーで誰もが自分らしく働ける社会をつくる」という想いを持って、様々なことに挑戦している会社です。

 

Fabricate導入した話 / 奥津さん [コネヒト株式会社所属]

CakePHPで動的生成ツールを作成できる「Fabricate」を導入したお話。

Fabricateの導入方針やコネヒトさんのプロジェクトへ導入した際の気づきなどを聞けました。

動的データの生成の選択肢と考えられるようになったなどのメリットがあるなど学びになりました。

ランサーズのCakePHP4移行について / 金澤さん [ランサーズ株式会社所属]

ランサーズ株式会社SREチームリーダーの金澤さんの登壇です。

CakePHP4への移行のお話を聞くことが出来ました。

コントローラー単位でバージョンアップできる仕組み、巨大リポジトリを分割した背景など様々な学びがありました。

コネヒト社製プラグインをランサーズがCakePHP4対応したこともあり、そちらのお話も聞けてとても良かったです。

こちらが登壇した際の資料です。

コネヒトの健全性を支えるGithubActionsの事例紹介 / 富田さん [コネヒト株式会社所属]

GithubActionsで自動化し、健全性を向上したお話。

社内の健全性とはどんな指標か、GithubActionを使う側と作る側で注意することなどを聞けました。

独特なバージョニングを意識するなどのコツなど勉強になりました。

ECS/Fargate活用事例(CakePHP編) / 安達さん [ランサーズ株式会社所属]

ランサーズ株式会社SREチームの安達さんの登壇です。

ECS/Fargate(CakePHP)の活用事例についてのお話でした。

ランサーズのグループ会社のインフラ移行する際のノウハウなどをとても学びになりました。

こちらが登壇した際の資料です。

ページネーションから考えるSQLパフォーマンス / 山田さん [コネヒト株式会社所属]

通常のSQLとインデックスを張ったSQLの処理速度の違いを見て、そこに至った背景、仕組みを解説してくださいました。
(ORDERBYの最適化など)

とてもユーモアかつ学びがある登壇でした。

さいごに

CakePHPやSQLのパフォーマンス、ECSの活用事例などとても興味深い話が盛りだくさんでした。

会社の技術スタックが似ていることもあり、すぐに試してみたくなるような内容でしたので、私もすぐに活用していきたいと思います。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。