ランサーズ等のサービスを開発・運用する中で得た知識やノウハウを紹介しています。

thumbnail

Labels:  DevOps 投稿者:amesho

Digdagを導入した結果得られたもの

こんにちは、ランサーズ Advent Calendar 2017の14日目を担当します、Digdag大好きなameshoです。
以前の発表では、Digdagの主な機能などを紹介致しました。

今回は、実際にDigdagを導入した結果得られたものは何かをお伝えしたいと思います。

1. 登録されている処理が可視化された

こちらが、Digdagの管理画面になります。
このようにWorkflowsに登録されたworkflowの一覧が表示されます。
これによって、現在どのような処理がシステムで動作しているかを一覧することが出来ます。

2. 登録された処理が何をしているか管理画面から概ね分かるようになった

各ProjectのWorkflowのnameを押すとDigdagに登録されている*.digをはじめとする
各種ファイルを確認することが出来ます。
これにより、登録された処理が何をしているのかおおよそ見当をつけることが出来ます。

 

3. 処理時間が分かるようになった

Sessionsの項目にあるstatusのリンクをクリックすると、登録された処理が
各項目毎にどれだけの時間がかかったのかが分かります。
これは、非常に便利で、開発者以外の人がみても時間がかかりすぎている処理が
はっきり分かるので処理の高速化等の検討が議題に挙げやすくなります。

このようにDigdagを使うと現状の抱えている問題や行われている処理などついてチームの人たちと共有することが出来ます。本家のサイトにドキュメントも充実しているので気になった方は導入されて見てはいかがでしょうか。

ランサーズではサービスを成長させてくれるエンジニア、デザイナーを募集しています!
ご興味がある方は、以下URLよりご応募ください。


【中途採用】
フロントエンドエンジニア
サーバーサイドエンジニア
コーポレートエンジニア
SREエンジニア

【新卒採用・その他】
21・22新卒
その他採用情報

関連記事

newrelic-logo
【NewRelic】たった5分で導入完了!高機能のサービスモニタリングツール

こんにちわ!ランサーズの satoshi です。 今回は、クライアントサイド、サーバーサイド両方のモニタリングが出来る NewRelic をご紹介します。 サーバーのモニタリングツールだと、Munin 等が有名ですが、導入には手間がかかります。しかし、NewR …

「天才じゃないからアウトプットを続ける」会社と自身の相互成長を加速させるSREとは

<プロフィール> SRE/採用広報 安達 涼/あだちん(あだち りょう)@adachin0817 大学時代に情報学/サーバに出会い、ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして数社携わる。2018年ランサーズにジョイン。現在はSREとして、ラ …

開発環境のDocker化

インフラエンジニアの金澤です。 今回、ランサーズの開発環境をDocker化しましたので、その内容を紹介いたします。 Docker移行の決断 Dockerについては、ここ1年で技術的な調査はしていましたが、決定的なメリットを見出していたわけではなく、採用に踏み切 …