ランサーズ等のサービスを開発・運用する中で得た知識やノウハウを紹介しています。

Labels:  開発よもやま 投稿者:shin

2017年変えたことTips6

ランサーズ Advent Calendar 2017の17日目担当のshinです。
今年は新しいことに取り組む機会も多かったので、身の回りの環境など変えて効果があったものを紹介したいと思います。

働く環境を変えた

  • before
    • チーム内外のコミュニケーションのためメンバーの近くで仕事をする
    • リモートワークは必要がなければやらない
  • after
    • 社員さすらいワーク制度に手を挙げて千葉県南房総市でセミナー&リモートワーク
    • 有志での鎌倉WorkDayにも参加

    • ユーザさんの声を聞けたり、普段と異なる環境で集中できた
    • 来年の2,3月には、山梨県甲州市でさすらいワーク予定です
    • 鎌倉WorkDayについてはまた別の機会でお伝えする予定です

働く時間を変えた

  • before
    • 会社に長くいるのでインプットの時間がなかなか取れない
  • after
    • 帰宅時間を早めた
    • 勉強会や飲みに行く機会が増え、交流やインプットの時間が増えた

住む場所を変えた

  • before
    • 12年同じ場所に住み続けていて固定観念があった
  • after
    • 徒歩でも会社に行ける圏内に引っ越した
    • 出勤時の電車遅延や満員電車のストレスから解放され、業務のスタートがスムーズになった
    • 徒歩通勤で適度な運動ができ、体調が安定して風邪を引きにくくなった
    • リモートワークも経験したことで、会社でやる仕事の価値を意識するようになった

判断基準を変えた

  • before
    • 確実性の高いことをする
  • after
    • 間違っているかもしれないけど、それやってみようよ!というおもしろいことワクワクすることをやる
    • 個人としても、プロダクトを作るチームとしてもいい方向性に進んだように思います

自分のミッションを変えた

  • before
    • 狭い範囲での目標
  • after
    • 来年新卒入社エンジニアの教育メンターとしてコミットすると決めた
    • バックグラウンドは様々なメンバーですが、自ら目標を立ててもらって、それを達成するためのサポートを本気でやっています
    • 彼らにも本気で向かってきてほしいと思っています

社内での活動範囲を変えた

  • before
    • 比較的閉じたコミュニティ
  • after
    • ランサーズは、カルチャー醸成浸透のための委員会があります
    • 2つの委員会に参加し、カルチャーを育てることに決めました

まとめ

引っ越しという具体的な行動を起こすことから始まり、様々な変化につながっていったように思います。
自分を変えながら成長していくと共に、lancers.jpというプラットフォームも変わりながらより良いものへと成長していきます。
来年もさらなるチャレンジをしていきます!

ランサーズではサービスを成長させてくれるエンジニア、デザイナーを募集しています!
ご興味がある方は、以下URLよりご応募ください。


【中途採用】
サービスリードエンジニア
テックリード(アーキテクト)
フロントエンドエンジニア
サーバーサイドエンジニア
業務エンジニア(社内システム基盤・基幹システム)

【インターン・学生バイト】
19新卒対象サマーインターン
エンジニアインターン

その他採用情報

関連記事

PHP、CakePHPバージョンアップの決断

インフラエンジニアの金澤です。 この度、ランサーズ稼働環境(PHP + CakePHP)のバージョンアップを決断しました。 まずは私から、その経緯と計画についてお話いたします。 バージョンアップ決断の理由 ランサーズは、2008年にサービスを開始しました。 現 …

thumbnail
いつもマイクを使う場面で思うこと

こんにちは。最近ニジマスを釣りに行って、爆釣で8匹食べて当分はニジマスは食べなくていいかなって思っているtomohiroです。   そんな私が日頃思っていながら、なかなか吐き出せずにいた事をせっかくの機会に吐き出そうと思います。すいません、あんまりウ …

ランサーズ開発合宿2017@湯河原温泉おんやど恵

こんにちは。ランサーズの @sayaです。 先月末、湯河原温泉で第3回開発合宿をしてきたので、その模様をレポートします。 今回は幸運にも「湯かけまつり」という楽しいお祭りの開催と重なり、大いに盛り上がる合宿となりました。 テーマ 今回のテーマは「開発を最大化す …