ユーザーファーストと仕事について日々考えること

ユーザーファーストデザイン室の三宅です。

現在、ランサーズ株式会社とクオント株式会社の兼務で、クリエイティブディレクション・アートディレクションを担当しています。

社内の企画制作物の担当と、社外のクライアント様への案件を担当しています。(Web、動画、紙、他 諸々です)

「ブランディングに貢献できるクリエイティブ」を毎日地道に研究しつつ、悩みつつ、時に喜び、気づけば20年以上、クリエイティブ担当で来たことに気づきます。

私の仕事の場合、企画~納品までの全てのプロセスでクリエイティブディレクション・アートディレクション・デザインを自己完結できる場合もあれば、大人数のチームの中でクリエイティブディレクションのみ行う場合も、アートディレクションのみ行う場合もあり、時に映像の企画やディレクションのみ行ったり、ケースバイケースの働き方になります。

その中で揺らがない軸は、「ユーザーファーストであり、ユーザーに受け入れられるクリエイティブ」です。商業デザイナーである上で、そこがないと、指標もなくなってしまうので、一番大切な事です。「ブランディング」は独りよがりでは成立せず、ユーザーさんの共感あってこそ継続できるもの、「ユーザーファースト」です。

ただ、やはり元々デザイナー出身なので、書籍などに担当した仕事の掲載を頂く場合は、傾向として、自分で手を実際に動かして作り上げたものを掲載したくなる傾向があります。他の方にデザイン作業を全面的にお任せして作り上げた仕事などはやはり「自分が作った」とは言い難いという気持ちになります。映像ではみなさんとコラボすることが多いですが、それも掲載するものは自分が役割をしっかり担えてユーザーの反応良く、自分でも納得できたものになります。

仕事として見れば、「市場の反応が良ければ、成功」です。 ただ、クリエイティブ視点ですと、そこにケースバイケースの差があります。

私の仕事の場合、自分で完結できる場合と、沢山のスキルを集合してアウトプットする場合があり、ケースバイケースでスイッチしながら行っているのですが、そこに繊細な違いがあることを説明するのは難しい、といつも思います。

クリエイティブ的に良いものができても、ユーザーのその後の反応が最も気になります。これを20年以上も繰り返したあげく、最近は「自分の職種は、商業デザイナーなので、ユーザーファーストに一喜一憂する職種なのだ」という考えに至っています。

今日も、「試行錯誤」しながらデジタルクリエイティブ、アナログクリエイティブ、動画クリエイティブなど、ユーザーファーストを目標に、地道に「働くママ」として仕事をしています。

http://miyakeminako.com/