ランサーズ等のサービスを開発・運用する中で得た知識やノウハウを紹介しています。

thumbnail

Labels:  DevOps 投稿者:mori-dev

React.js/redux アプリでの Google Analytics のイベントトラッキングの設定

です。

React.js/redux アプリでの Google Analytics のイベントトラッキング用の設定を紹介します。

ライブラリ

以下のライブラリを用います。

他に開発用に Google Analytics Debugger を導入するとよいかもしれません。

実装

パターン1: 直接タグの属性として設定する

eventTracker のオプション attributePrefix を index.html で以下のように指定しています。こうすることで、接頭辞を ga- から data- に変更しています。ga- だと React.js が Warning: Unknown prop といったワーニングを出すからです。

ga(‘require’, ‘eventTracker’, {
attributePrefix: ‘data-‘,
});

もっともよくある設定の例です。

<NFloatingButton
className={className}
onClick={redirectToOrderPage}
data-on=”click”
data-event-category=”Request”
data-event-action=”Request”
data-event-label=””
>

onTouchTap をつけたタグの場合は、data-on=”click” ではなく data-on=”touchstart” と指定することで、動作します。

<NPrimaryButtonHalfWidth
styleName=”button”
onTouchTap={HogeAction}
label=”ほげほげ”
data-on=”touchstart”
data-event-category=”C1″
data-event-action=”A1″
data-event-label=”L1″
/>

touchstart に対応させるため、eventTracker のオプションを追加しています。

ga(‘require’, ‘eventTracker’, {
attributePrefix: ‘data-‘,
events: [‘click’, ‘touchstart’],
});

パターン2: アクションに対して設定する

一つの UI、たとえばボタンが、複数の用途で使われることがあります。その場合、その UI のタグに、直接 GA の属性を指定するわけにはゆきません。redux-beacon を使うことで、React.js のアクションに、GA の指定を対応づけることができます。

GA_FOO というアクションに対し、GA のカテゴリ C1、GA のアクション A1、GA のラベル L1 を対応づけてみましょう。

まずはアクションを定義します。

import * as ActionTypes from ‘./action_types’;
import { createAction } from ‘redux-actions’;

export const gaFoo = createAction(ActionTypes.GA_FOO);

ミドルウェアを書きます。

あとは、他のミドルウェアと同様に、この googleAnalytics ミドルウェアを applyMiddleware() して createStore() します。

結果の閲覧

Google アナリティクス の Web サイトの以下のページから、結果を閲覧できます。

  • リアルタイムデータ: リアルタイム > イベント
  • 過去データ: 行動 > イベント

ランサーズではサービスを成長させてくれるエンジニア、デザイナーを募集しています!
ご興味がある方は、以下URLよりご応募ください。


【中途採用】
フロントエンドエンジニア
サーバーサイドエンジニア
コーポレートエンジニア
SREエンジニア

【新卒採用・その他】
21・22新卒
その他採用情報

関連記事

PHP, CakePHPバージョンアップに向けてCIで品質を担保・向上していく

こんにちは、エンジニアの上野です。 今回はソース例や実際のサンプルソースを交えながら 「PHPバージョンアップに向けてCIで品質を担保・向上していく」と題してlancers.jp本体に導入しているCircleCIでの取り組みについてご紹介します。 導入背景 P …

「天才じゃないからアウトプットを続ける」会社と自身の相互成長を加速させるSREとは

<プロフィール> SRE/採用広報 安達 涼/あだちん(あだち りょう)@adachin0817 大学時代に情報学/サーバに出会い、ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして数社携わる。2018年ランサーズにジョイン。現在はSREとして、ラ …

AWS API とサーバ管理

あけましておめでとうございます。エンジニアの こじま です。 今年もよろしくお願いいたします。   今回は,ランサーズの開発・運用を楽にするための サーバ管理システムのご紹介をします。 弊社プラットフォームでは AWS を利用しています。 &nbsp …