ランサーズ等のサービスを開発・運用する中で得た知識やノウハウを紹介しています。

Labels:  CakePHP 投稿者:nakajiman

CakePHP 3.4 ORM のクエリを調べてみた exists 編

愛犬のダックスをサマーカットし過ぎて失敗した nakajiman です。毛並みがチクチクして痛いのです。

CakePHP 3.4 ORM がどんなクエリを発行しているのか調べてみます。まず、簡単なところで、レコードが存在するかどうか調べる exists を見てみます。

Cake Console を使います。CakePHP のバージョン は、次のとおりです。

$ bin/cake console
>>> use Cake\Core\Configure;
>>> Configure::version();
=> "3.4.9"

続けて Cake Console でクエリログを表示する ようにします。

>>> use Cake\Log\Log;
>>> Log::config('queries', ['className' => 'Console', 'stream' => 'php://stderr', 'scopes' => ['queriesLog']]);
>>> $cm = \Cake\Datasource\ConnectionManager::get('default');
>>> $cm->logQueries(true);

Users テーブルにある ID を持つレコードが存在するか exists で確認してみます。

>>> use Cake\ORM\TableRegistry;
>>> $User = TableRegistry::get('Users');
>>> $User->exists(['id' => 1]);

次のようなクエリが発行されました。SELECT 1 は、まったくデータをフェッチしないということですね。また LIMIT 1 で走査する範囲を最小にしてますね。CakePHP 1.3 だと COUNT 句を使っていて、スケールしたら死亡フラグが立ってたんですが、これなら安心ですね。

SELECT 1 AS `existing` FROM users Users WHERE id = 1 LIMIT 1

ソースコードも確認してみます。お、Hydration を無効にして、Entity を生成しないようにしてますね。ソースコードレベルでもコストを抑える工夫がされてます。

    /**
     * {@inheritDoc}
     */
    public function exists($conditions)
    {
        return (bool)count(
            $this->find('all')
            ->select(['existing' => 1])
            ->where($conditions)
            ->limit(1)
            ->enableHydration(false)
            ->toArray()
        );
    }

といった感じで CakePHP 3.4 の exists は、なかなかの好印象でした。

ランサーズではサービスを成長させてくれるエンジニア、デザイナーを募集しています!
ご興味がある方は、以下URLよりご応募ください。

PHPエンジニア
Rubyエンジニア
フロントエンドエンジニア
インフラエンジニア
新卒エンジニア
その他採用情報

関連記事

PHPカンファレンス2017 に登壇してきました

初めて登壇してきました、開発部のakin.です。 10月8日に開催されたPHPカンファレンス2017に25分枠で採択して頂き登壇してきました。 また、スポンサーとしてランサーズのブース出展も行いました。

ランサーズ開発合宿2017@湯河原温泉おんやど恵

こんにちは。ランサーズの @sayaです。 先月末、湯河原温泉で第3回開発合宿をしてきたので、その模様をレポートします。 今回は幸運にも「湯かけまつり」という楽しいお祭りの開催と重なり、大いに盛り上がる合宿となりました。 テーマ 今回のテーマは「開発を最大化す …

CakePHP 3 のマイナーバージョンを調べる方法あれこれ

田園都市線のあざみ野駅、つくし野駅、つきみ野駅が、ときどき分からなくなる nakajiman です。 知らない誰かの CakePHP 3 環境を覗くとき、マイナーバージョンってどうやって調べてますか~ってはなしです。 VERSION.txt を見る Confi …