ランサーズ等のサービスを開発・運用する中で得た知識やノウハウを紹介しています。

Labels:  CakePHP 投稿者:nakajiman

CakePHP 3.4 ORM のクエリを調べてみた exists 編

愛犬のダックスをサマーカットし過ぎて失敗した nakajiman です。毛並みがチクチクして痛いのです。

CakePHP 3.4 ORM がどんなクエリを発行しているのか調べてみます。まず、簡単なところで、レコードが存在するかどうか調べる exists を見てみます。

Cake Console を使います。CakePHP のバージョン は、次のとおりです。

$ bin/cake console
>>> use Cake\Core\Configure;
>>> Configure::version();
=> "3.4.9"

続けて Cake Console でクエリログを表示する ようにします。

>>> use Cake\Log\Log;
>>> Log::config('queries', ['className' => 'Console', 'stream' => 'php://stderr', 'scopes' => ['queriesLog']]);
>>> $cm = \Cake\Datasource\ConnectionManager::get('default');
>>> $cm->logQueries(true);

Users テーブルにある ID を持つレコードが存在するか exists で確認してみます。

>>> use Cake\ORM\TableRegistry;
>>> $User = TableRegistry::get('Users');
>>> $User->exists(['id' => 1]);

次のようなクエリが発行されました。SELECT 1 は、まったくデータをフェッチしないということですね。また LIMIT 1 で走査する範囲を最小にしてますね。CakePHP 1.3 だと COUNT 句を使っていて、スケールしたら死亡フラグが立ってたんですが、これなら安心ですね。

SELECT 1 AS `existing` FROM users Users WHERE id = 1 LIMIT 1

ソースコードも確認してみます。お、Hydration を無効にして、Entity を生成しないようにしてますね。ソースコードレベルでもコストを抑える工夫がされてます。

    /**
     * {@inheritDoc}
     */
    public function exists($conditions)
    {
        return (bool)count(
            $this->find('all')
            ->select(['existing' => 1])
            ->where($conditions)
            ->limit(1)
            ->enableHydration(false)
            ->toArray()
        );
    }

といった感じで CakePHP 3.4 の exists は、なかなかの好印象でした。

関連記事

PHP, CakePHPバージョンアップに向けてCIで品質を担保・向上していく

こんにちは、エンジニアの上野です。 今回はソース例や実際のサンプルソースを交えながら 「PHPバージョンアップに向けてCIで品質を担保・向上していく」と題してlancers.jp本体に導入しているCircleCIでの取り組みについてご紹介します。 導入背景 P …

ランサーズ開発ランチ(Lunchers#3) ~ねこもり高橋さん PHPバージョンアップ編~

エンジニアのshinです。 ランサーズでは4月から、ゲストを招いてランチを食べながら話をするランサーズ開発ランチ(Lunchers)という取り組みを実施しています。 5/16に実施した第3回の内容をご紹介します。   第3回のゲスト紹介 合同会社ねこ …

PHP、CakePHPバージョンアップの決断

インフラエンジニアの金澤です。 この度、ランサーズ稼働環境(PHP + CakePHP)のバージョンアップを決断しました。 まずは私から、その経緯と計画についてお話いたします。 バージョンアップ決断の理由 ランサーズは、2008年にサービスを開始しました。 現 …