ランサーズ等のサービスを開発・運用する中で得た知識やノウハウを紹介しています。

Labels:  DevOps 投稿者:ota

バランスボールのすすめ

エンジニアのotaです。

すっかり市民権を得たと思っている(私だけ?)デスクチェアとしてのバランスボールですが、弊社では現在バランスボールの上でコードを書いているのは私一人というマイノリティなので、椅子としてのバランスボールの良さについて書いてみます。

バランスボールのメリット

腰が痛くならない

私がバランスボールをデスクチェアとして利用している最大の理由です。私は椅子に長時間座っているとどうも腰が痛くなってしまうのですが、バランスボールだとそれがまったくないです。バランスボールだとバランスを取るために強制的に姿勢が良くなるためのようです。ただこれは個人差があるかもしれません。

持ち運びが便利

軽いので持ち運びがかんたん。空気を抜いてコンパクトにすることもできます。オフィス移転が頻繁なベンチャーにとっては強い味方です。

安い

通常のデスクチェアに比べて圧倒的に安いです。1000円もかからずに十分に良いバランスボールを買うことができます。アーロンチェアを1台買うお金で、スタートアップであれば全員分の椅子を用意できてしまうでしょう。

バランスボールのデメリット

転がる

ボールなのでころころと転がってしまう恐れがあります。私はデスクの下にスリッパを置いていて、席にいるときはそのスリッパを履いています。席を離れるときはそのスリッパーをバランスボールのストッパー代わりにして転がるのを防いでいます。この件に関しては何らかのちょっとした工夫をして対応する必要があります。

メンテナンスが必要

使っているうちに空気が抜けてしまい、空気を入れる必要があります。私の場合は数ヶ月に1度程度です。

おすすめの座り方

ノーマル

balance_ball_nomal
両足を地面につけて座ります。もっとも一般的なバランスボールの座り方だと思います。私はこの座り方で過ごしている時間がもっとも長いです。

正座

balance_ball_seiza
バランスボールの上で正座します。背筋がぴんと伸びる感じがして好きな座り方の一つです。バランスボール愛好家の中には正座派も多いのではないでしょうか?
難点としてはあまり長時間だと足がしびれる(私だけ?)ことと、他の座り方と目線が高くなりがちなので、モニターと目線の高さがずれてしまうことです。

体育座り

balance_ball_taikuzuwari
バランスボールの上で体育座りします。体育座りってなんだか落ち着きません?

バランスボールに足をひっかけて座る

balance_ball_asihikkakeru
これは言葉で説明じづらいので、図をみてください笑

足を直角に伸ばす

balance_ball_asinobasu
バランスボールの上で足を直角にピンと伸ばします。足と腹筋に負荷がかかります。眠いときは目覚ましがてらこの座り方をして、腹筋をプルプルさせてコード書いてます笑

ランサーズではサービスを成長させてくれるエンジニア、デザイナーを募集しています!
ご興味がある方は、以下URLよりご応募ください。

Webエンジニア(Wantedly)
Rubyエンジニア(Wantedly)
フロントエンドエンジニア(Wantedly)
インフラエンジニア(Wantedly)
2017新卒エンジニア(Wantedly)
エンジニアインターン(Wantedly)
その他採用情報

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

EC2 SSH サーバ ごった煮 〜 Google Authenticator + ChatWork 通知 入り

こんにちわ。 Lancers のバックエンドの開発と運用担当の こじま です。   みなさん,サーバをどのようにリモートしていますか? 直接,ターゲットのサーバへログインせず SSH サーバを経由してリモートすることが多いと思います。 SSH サーバ …

thumbnail
企画/開発の境目を取り除こうとしていたら プロジェクトにおける6つの問い をつくっていた話

ランサーズCTOの横井です。 元々ランサーズではプロダクト開発部というところの部長もやっていたのですが、10月の組織変更で改めてプロダクト企画部長も兼任となりました。これまで以上に統合的にプロダクトづくりに取り組んでいけるんじゃないかなーと思っております。 … …

究極のPDCA!その名も「PD鮨A」でプロダクト開発を超速化!

ランサーズのtsuyoshiです。 今回も社内コミュニケーションを活性化させ、プロダクトをよりよくするような【ネタ】です。 サービスやプロダクト開発のPDCAにおいて、日々カイゼン要望を吸収し、高速なPDCAを回すことが必要不可欠です。 ですが、よくよく考える …