ランサーズ リリースシステム 〜 Jenkins + Fabrics

ランサーズ リリースシステム 〜 Jenkins + Fabrics

こんにちわ。エンジニアの こじま です。

今回は,ランサーズのリリースシステムの紹介をします。

弊社プラットフォームは,1日に多い時は10回以上のコードのリリースを実施します。

ユーザ様によりよいプラットフォームを提供すべく日々,リリースをし改善を実施しています。

 

以前は,特定のエンジニアしかリリースができず,

都度サーバにログインしてオペレーションを実施していました。

現在では,非エンジニアでも,WEB UI からワンクリックで,安全にリリースを実施することができます。

以下のような WEB UI で実施しています。

リリース

 

リリースシステムは,Jenkins・Redmine・Fabrics と連携してリリースを実現しています。

以下のような構成で実現しています。

リリースシステム構成
上記の構成の詳細を説明をします。

Jenkins によって,Fabrics がキックされリリースを実施します。

また,リリースが完了すると,Redmine のチケットがクローズされる仕組みになっています。

Jenkins は Ruby で jenkins_api_client を利用して実現しています。

以下のように Job をビルドします。

require 'jenkins_api_client'

client = JenkinsApi::Client.new(conf)
client.job.build(job_name, params)

 

また,Redmine も API 経由でリクエストすればチケットを簡単にクローズできます。

(API の解放が必要です)

curl -s -H 'Accept: application/json' -H 'Content-type: application/json' -X PUT -d '{"issue":{"status_id":"<変えたいステータスの ID を指定>","done_ratio":"100"}}' "http://<Redmine のアドレスを指定>/issues/<チケット ID を指定>.json?format=json&key=<トークンを設定>"

 

このリリースシステムによって,開発が効率化され

より安全に早く,ユーザ様へよりよいものを提供できるようになりました。

このようにしてランサーズでは,

ユーザ様に快適なプラットフォームを提供すべく日々努力をしております。