AWS API とサーバ管理

AWS API とサーバ管理

あけましておめでとうございます。エンジニアの こじま です。

今年もよろしくお願いいたします。

 

今回は,ランサーズの開発・運用を楽にするための

サーバ管理システムのご紹介をします。

弊社プラットフォームでは AWS を利用しています。

 

AWS には AWS マネジメントコンソールが提供されますが,

ランサーズでは,自社製のシステムでサーバ情報を一元管理し

各ツールと連携し開発・運用効率を図っています。

サーバ情報は以下のようなビューを持ち一元管理をしています。

サーバ一覧

 

また,不必要にサーバにログインしなくて済むように

ウェブサーバなどのログの表示も WEB UI から可能としています。

アクセスログ

 

今回は,サーバ管理を実現するために利用した

AWS の Ruby ライブラリによる API 取得についてご紹介します。

あらかじめ aws-sdk のインストールと

Endpoint, Access Key, Secret Key を準備ください。

EC2 インスタンスの Private IPAddress の一覧を表示するサンプルを記述します。

#!/bin/env ruby
require 'aws-sdk'

ec2 = AWS::EC2.new(
:ec2_endpoint = 'ec2.ap-????????.amazonaws.com',
:access_key_id = '??????????',
:secret_access_key = '??????????'
)

p ec2.instances.map{|m| m.private_ip_address}

 

実行結果

$ ./aws_sdk_sample1.rb
["10.0.1.11", "10.0.101.11"]

 

とても簡単に AWS の情報を取得できます。
このようにしてランサーズでは,
ユーザ様に快適なプラットフォームを提供すべく日々努力をしております。