ランサーズ等のサービスを開発・運用する中で得た知識やノウハウを紹介しています。

thumbnail

Labels:  DevOps 投稿者:kei

Subversionで413レスポンスが返却された場合の対処

ご無沙汰しております。keiです。

Subversionで、大容量ファイルをコミットする際に遭遇した
エラーの対処方法について、共有の意味で記事化させて頂きます。

事象

開発が完了したプロジェクトのソースをまとめてコミットしようとした際に、
ステータスコード413:Request Entity Too Largeが返却されてきました。

 svn: サーバが、リクエストへのレスポンスとして予想外の戻り値 
  (413 Request Entity Too Large) を送信してきました

ログを確認した所、以下のログが出力されていました。

  request body exceeds maximum size (131072) for SSL buffer

SVNへのアクセスはHTTPS通信にしているのですが、SSLバッファの最大値が128KBに対して、リクエストボディのサイズが超えてしまっているようです。

対処

一時的に、SSLバッファの最大値を上げました。
SSLRenegBufferSizeディレクティブで最大値を変更できます。
本設定は、DirectoryかLocationブロック内に記述する必要があります。

  SSLRenegBufferSize 100000000

追記後、Apacheを再起動し、最コミットしたところ、無事にコミット出来ました。

importで対処すればいい話ではありますが、何か事情があってコミットが必要な場合にお試し下さい。

ランサーズではサービスを成長させてくれるエンジニア、デザイナーを募集しています!
ご興味がある方は、以下URLよりご応募ください。


【中途採用】
フロントエンドエンジニア
サーバーサイドエンジニア
コーポレートエンジニア
SREエンジニア

【新卒採用・その他】
21・22新卒
その他採用情報

関連記事

AWS API とサーバ管理

あけましておめでとうございます。エンジニアの こじま です。 今年もよろしくお願いいたします。   今回は,ランサーズの開発・運用を楽にするための サーバ管理システムのご紹介をします。 弊社プラットフォームでは AWS を利用しています。 &nbsp …

thumbnail
ぼくの考えた最強の WebAPI のエラーレスポンス型(仮)の mson を発表します!!1

森です。 昨日、API仕様を考えていて、社内チャットで雑談した成果になります。ご査収下さい。   ## Error + status_code: `500` (number, required) – ステータスコード + type: `v …

thumbnail
API仕様書をMarkDownで書き、GitHubをつかって運用する方法

追記 2018/06/05 すぐに試せるサンプルリポジトリ作ったので、使って見てください。 https://github.com/TsuyoshiNumano/api_document_sample 生成されるドキュメント 開発サーバーを立ててリクエストする例 …