ランサーズ等のサービスを開発・運用する中で得た知識やノウハウを紹介しています。

Labels:  インタビュー 投稿者:manamin0521

世界を見据えたプロダクトへ。攻めのSREがバージョンアップを経て思うこと

<プロフィール>
金澤裕毅(かなざわ ゆうき)
1976年宮城県仙台市生まれ。山形大学大学院修了後、パッケージベンダーへ入社。Windowsパッケージ開発やASP案件の開発に携わる。東京、札幌の勤務を経験後、不動産検索ポータルの運営会社に転職。新規事業のリニューアルプロジェクトを経験。2013年、ランサーズへジョイン。現在はSREとしてランサーズの開発、運用に尽力している。趣味はバドミントン、将棋など。

普段の業務

ランサーズの運用を主に行っています。もともとインフラエンジニアとして入社し、サーバー運用をメインで行ってきましたが、当時のランサーズは人も少なくPCのトラブルが頻発していたことから、その解決のために複数の仕事をこなす必要がありました。その関係で、今もランサーズの開発や社内情シス的なことも一部行っています。

普段の運用も、ただ維持するだけではなく、将来的な拡張を常に意識して行っています。言語やフレームワークを最新バージョンへ積極的にアップデートし、新しい技術を取り入れることにより、技術の陳腐化を防ぎ、エンジニアにとっても魅力的な環境になるように心がけています。

同じ思いを持った仲間とチームで

  • 最近、仕事で一番やりがいを感じたことを教えてください。

同じ思いを持って集まったみんなと一緒に、今までだとできなかった仕事を進めていけることです。

昨年、チーム名を「インフラ」から「SRE」に変更し、SREとしての業務を始動しました。SREとはGoogleが提唱した言葉で、簡単に言えば、エンジニアリングを駆使してサイトの信頼性向上を図ることです。単純なインフラ業務にとどまらず、ソフトウェアにも積極的に手を入れるという考え方は、まさに今までランサーズでやってきた業務そのものでした。

社内イベントでその集大成となる発表を行ったことで、その考え方に共感していただけた方々がランサーズにジョインしました。それまで専任は1人だったのですが、SREが4人体制のチームになったことで、できる仕事の幅が広がり、やりがいを感じています。

 

「攻め」を阻む、レガシーな技術

  • なぜSREである金澤さん主導でバージョンアップを推し進めていたんですか?

インフラ的にもパフォーマンスとセキュリティの課題があったからです。
インフラに関してはポリシーである「攻め」の姿勢で、AWSを中心に新しいサービスを積極的に入れてきた一方で、メインサービスであるランサーズのPHPバージョンは10年前のものであり、会社創業時のままだったんです。そのため、新しい技術を取り入れる際にもPHPの古いバージョンがネックになり、採用できない事例が相次ぐようになっていました。

また、言語やフレームワークのサポートが切れ、セキュリティのトラブルがあっても自分たちSREチームでサポートしなくてはならない。インフラ的な観点でも、最新のPHP7にバージョンアップするとパフォーマンスが2倍近くアップすることが見込まれる。そこで、SREとしても取り組むことにしたんです。

 

PHPカンファレンスでの登壇を経て

  • 福岡、東京、仙台と数々のPHPカンファレンスに登壇してきた金澤さんですが、それらを通してどのような変化がありましたか?

PHPカンファレンス福岡にてバージョンアップの取り組みについてはじめて登壇した際に、当時多くの企業が同じ課題感を持っていたため、皆さんから積極的にアドバイスしていただけました。またランサーズの規模でのバージョンアップは前例が少ないため、社外から動向を注目してくれる方が増えました。

これまではAWSやインフラのイベントに登壇したことはあったものの、PHPのイベントはバージョンアップを機に初めて登壇しました。多くのPHP仲間ができたほか、ランサーズで開催した勉強会にも参加していただき、情報交換ができるようになりました。

会社の課題を解決することが成長に繋がる

 

  • そんな金澤さんが考える、ランサーズの魅力を教えてください

ランサーズの抱えている課題が、そのまま自分のキャリアアップに繋がることです。

成長し続けているサービスでは、様々な技術的課題が日々突き付けられますが、その一つ一つにやりがいがあり、どのように解決していくかを皆で考えるのが楽しいです。

これから伸びていく会社は、会社が伸びるプロセスで自分たちも成長できます。

仕事が好きで自走できること

 

  • ランサーズで活躍している人の特徴を教えてください

自分で考え、自分で提案できる人です。また、仕事を自分の趣味のように楽しみ、家に帰ってもどのように開発しようか考えているような人です。基本的にみんな仕事が大好きなところが社員の魅力でもあります。

たとえば技術選定などでそれぞれの考えをぶつけ合っている時に、その様子を感じます。それぞれの考えをぶつけ合って考えていくプロセスも、私は魅力的だと思います。

海外のサービスと闘うために

 

  • 最後に、金澤さんの今後の目標を教えてください

自分の目標というよりランサーズの目標なのですが、ランサーズを技術的な面でも認知度を高め、技術的にブランドが確立された会社にしたいです。

現在は外部のAPIを古いバージョンに合わせて拡張しているほか、外部の恩恵を受けている側なので、今後はOSSへ貢献したりランサーズ発のOSSを作りたいと思っています。

将来、海外のサービスと対峙したとき、開発力で勝負できないと淘汰される恐れがあります。そんな淘汰される時代になった時にも、生き残れるような基盤を作っておくことで、技術的に負けないプロダクトにしていきたいです。

ランサーズではサービスを成長させてくれるエンジニア、デザイナーを募集しています!
ご興味がある方は、以下URLよりご応募ください。


【中途採用】
サービスリードエンジニア
テックリード(アーキテクト)
フロントエンドエンジニア
サーバーサイドエンジニア
業務エンジニア(社内システム基盤・基幹システム)

【インターン・学生バイト】
19新卒対象サマーインターン
エンジニアインターン

その他採用情報

関連記事

「一人でできることには、限界がある」今、フルスタックエンジニアがマネジメントに注力するワケ

<プロフィール> 平林 武志/ひらりん(ひらばやし たけし) 1979年長野県生まれ。 日本工学院専門学校卒業後、役者見習い期間を経てエンジニアとしての人生を歩み始める。客先常駐からスタートアップに転職し開発・インフラ・営業などフルスタックなスキルを身に付ける …

開発部のオカンが考える、能動的なチーム作りの秘訣とは

<プロフィール> 小林 紗綾(こばやし さや) 鳥取出身のサーバーサイドエンジニア。Webサービスを運営している会社を3社経験し、2014年ランサーズに入社。エンタープライズ対応やプロダクト改善を経て現在はエンジニア兼プロジェクトマネージャーとして各プロジェク …

「コードを書きたい」フルスタックエンジニアの苦悩と目指すものとは

<プロフィール> 長島 和馬/ながしー(ながしま かずま) LPF事業部 某大規模なメディアサービスを5年間勤め、MovableType, WordPressで8つのメディアを運用し、AjaxなどのJavaScript実装、マークアップ、CMS組み込み、プラグ …